ニューヨーク近辺でのバスフィッシング情報の提供


by basskaz

プロフィールを見る

カテゴリ

・イントロダクション
・NYのバスフィールド
・ガイドのゲスト
・ホームレイクHopatcong
・スモールマウスバス写真集
・アイスフィッシング
・NYおススメルアー
・NYの釣り仲間
・マイボートBoat

お気に入りブログ

トキシンのイラストレータ...
NYで、、古着と家族と友...
北嶋一輝・オフィシャルブ...
Ultimate-U.S.A

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 07月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
海外生活

意外!?ナイトフィッシングのパターン

NYの情報は何でも揃う「まるごとNY!」 NYの情報は何でも揃う「まるごとNY!」
f0024887_10142848.jpg
シャローの水温が高すぎるこのごろ。でも、夜はいいコンディションのバスがシャローで釣れるよ!



     ここ数年、スケジュールの都合であまりナイトフィッシング(夜釣り)に力を入れて無かった僕。ガイドももちろん、その殆どがデータイムです。でも、今年はあまりにも暑いのでせめてクールに釣りたい!という事でナイトフィッシングを積極的にやる予定です。2週間後には、ナイトトーナメントもあるし。とにかく、今の内にリズムをつかんどかないとね。

日本の湖では、夜の釣りが禁止されていると聞いたことあります。でも昔、日本の少年向きの釣り雑誌(釣りトップだったかな?)にバスの夜釣りの特集があり、それによると夜はトップウォーターがおススメ!と書いてありました。

確かに、ナイトフィッシングでのトップウォーターは有効です。でも、一晩中トップが効果的な訳ではなく、時にはワームやジグ等でスローにカバー周りにいるバスを狙わなくてはならない事もあるんです。特に、ボートドックの多いニューヨークのレイクでは、夜でもドック周りでジグやワームを使うパターンは超定番!

それには訳があって、ボートドックには大抵、ドック・ライトという照明が付いていたりするのでその灯りにベイトが集まり、バスはそれを狙っているんです。あと、豪邸が結構あるレイクではそのイルミネーションだけでドック周りに適度な灯りがあり、そのシェードにバスが潜んで居たりします。

そんな訳で、今回は釣ったバス全てがボートドックのワーム&ジグパターン。ただ、夜中になっても目の前にルアーが落ちれば反応して食べてしまうのがバスなので、丁寧に釣れば一晩中楽しめる釣りです。でも、次回はなんとかバズベイトとか、ビッグバドで釣って見せたいなあー。001.gif



f0024887_7335778.jpg
只今ガイドサービス実地中です!!!是非ご一緒にバスフィッシングを楽しみましょう!
Kaz NYS Licensed Guide #6371


スポンサーです。ヨロシク!(^^)001.gif
f0024887_1471943.jpg

f0024887_1115055.jpg




こないだアップしそこねた(笑)映像です。5歳のアメリカの子が始めてバスをキャッチ!(なんと、同じ場所で10分の間に4尾キャッチしました)


f0024887_10541332.jpg
先月末、ニューヨークのハドソンリバーで行われた激タフ!フェデレーショントーナメントでは、ちゃっかりコ・アングラーの部で5位入賞してました。賞金は、ワイフにプレゼント006.gif
f0024887_10572012.jpg
やっぱ、タイダル・リバーのバス釣りは独特で楽しいね!また、行こっと。
(スキーでお馴染みのハンター・マウンテン近辺にある
Catskillエリアで撮影。向こうに見えるのは、Rip Van Winkleブリッジ)

Twitter始めました!暇な時チェックしてね!
ユーザーネームはbasskaz1
001.gif
[PR]
by basskaz | 2011-08-04 11:21 | Trackback
トラックバックURL : https://basskaz.exblog.jp/tb/16369830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]