ニューヨーク近辺でのバスフィッシング情報の提供


by basskaz

プロフィールを見る

カテゴリ

・イントロダクション
・NYのバスフィールド
・ガイドのゲスト
・ホームレイクHopatcong
・スモールマウスバス写真集
・アイスフィッシング
・NYおススメルアー
・NYの釣り仲間
・マイボートBoat

お気に入りブログ

トキシンのイラストレータ...
NYで、、古着と家族と友...
北嶋一輝・オフィシャルブ...
Ultimate-U.S.A

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
海外生活

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ビッグフィッシュ釣れてるけど、暑いー!

NYの情報は何でも揃う「まるごとNY!」 NYの情報は何でも揃う「まるごとNY!」
f0024887_822261.png
ニューヨーカーが誇るバスフィッシングロッド、Rapsody。是非お試しあれ!

f0024887_1044658.jpg
少年にクラッピーを30尾以上!釣ってもらった後に出たビッグフィッシュ。長年使っているスモールジグで。




     最近のニューヨークはとにかく、 暑いー!! 
クーラーつけっぱなしじゃないと寝れないし(おかげで電気代が凄い)、車の運転中もクーラー全開。12年も乗ってる車だから、あんまりクーラーでエンジンの負担をかけたくないんだけどね。

湖の水温も86度(摂氏で30度)とかになってて、サウナ状態!さすがにバスも快適な場所(水通しのいいウィードエリアやボートドックのシェード)にステイしてます。

上の写真のビッグフィッシュはコミュニティーホールでキャッチしたんだけど、典型的なサマーパターンでした。水上スキーやらがガンガン走ってるウィードエリアの外側。ちょうどエッジ近辺にいつもプレジャーボートが沢山いて、うっとうしいんだけど釣れるからしょうがなくやってます(笑)。

夏はパターンが比較的安定してていいんだけど、トーナメントもひっきなしに行われるからプレッシャーも高い。みんなと同じ場所で、同じ釣り方で釣るのが苦手な自分にとって、辛抱の季節。でも、こんなビッグフィッシュも釣れるからワガママなんて言えません。(^^:)


f0024887_1034274.jpg
おなじみの釣り仲間、Nickは良型クラッピーをスイムベイトで爆釣!流石漁師の息子、学ぶ事が多いなあー。

f0024887_7335778.jpg
ガイドサービス実地中です!!!是非ご一緒にバスフィッシングを楽しみましょう!
Kaz NYS Licensed Guide #6371
f0024887_873488.jpg





スポンサーです。ヨロシク! 001.gif

f0024887_1124571.jpg
カリフォルニアのレッドウッドで作られたハンドメイド・クランクベイト!
f0024887_8313599.jpg



f0024887_8143624.png
バスクラブの仲間が立ち上げたルアーブランドです。Check it out!


f0024887_1471943.jpg

by basskaz | 2013-07-22 10:44 | Trackback

実力の差を見せつけられて反省!

NYの情報は何でも揃う「まるごとNY!」 NYの情報は何でも揃う「まるごとNY!」
f0024887_822261.png
ニューヨーカーが誇るバスフィッシングロッド、Rapsody。是非お試しあれ!

f0024887_7555041.jpg
大分前に山立てした、オフショアのウィードパッチで釣れた3.5ポンドクラスのバス。このスポットがまだ釣れるのがわかって、一安心。こういった場所をもっと探さないとね。



    こないだレイク・ホパコンであったニュージャージー州のフェデレーショントーナメントは悲惨な結果でした。地元のアングラー達が集まるアマチュアではトップクラスのイベント。他のアングラーの釣りも見てみたいのでコ・アングラーとして出場。

自分のボートで練習し、ボーターと打ち合わせして挑んだのはいいけれど。。肝心な当日は何とバラシを連発してキャッチしたキーパーはたったの1尾。マジかよ。

練習で数匹釣って、魚のいる場所はある程度わかっていたんだけど本番では全然釣れませんでした。しかも、その場所で優勝者が出た。007.gif

バックアップで釣ってた場所では、ローカルで有名なアングラーが2位になった。

これは明らかに、自分の釣る技術とメンタルが弱い証拠。バイトが無いとだんだん焦ってきて、周りが気になったりしてた。聴いた話によると、優勝者のボートは僕がちょこっとだけ釣って1尾キャッチした場所で6時間近く過したらしい。つまり、その場所にいるバスがいつか必ずバイトしてくるといった確信があったからだ。

まだ、自分にはそういった忍耐力とか、メンタルな技術が足りてない。大会の後、優勝チームといろいろ話を聞いて反省。凄く悔しいけど、勉強にはなった一日でした。

今度はワイフと一緒にオープントーナメントに出る予定。今回学んだ事をいかして、なんとか釣るぞー!

f0024887_7335778.jpg
ガイドサービス実地中です!!!是非ご一緒にバスフィッシングを楽しみましょう!
Kaz NYS Licensed Guide #6371
f0024887_873488.jpg





スポンサーです。ヨロシク! 001.gif

f0024887_1124571.jpg
カリフォルニアのレッドウッドで作られたハンドメイド・クランクベイト!
f0024887_8313599.jpg



f0024887_8143624.png
バスクラブの仲間が立ち上げたルアーブランドです。Check it out!


f0024887_1471943.jpg

by basskaz | 2013-07-09 08:34 | Trackback